脳を健康状態に|認知症にならない為の予防や対策

笑顔の男性

毎日摂りたいDHA

栄養剤

海馬に存在するDHA

本人にも家族にも大きな負担がかかるのが認知症です。認知症を発症すると人生の満足度を大きく低下させるほか、本人も家族も生活が一変してしまいます。また、介護にかかる経済的な負担も大きく、多くの方が認知症を予防したいと考えています。認知症は未だ不明な点が多いのですが、ある成分で予防できることが徐々に判明してきています。そのある成分とは、青魚に多く含まれているDHAです。脳の研究が進むにつれ、脳の海馬にDHAが存在していることが分かっています。海馬に存在するDHAは、脳細胞を活性化させる役割を果たしています。また、脳の電気信号の伝達性を高める役割も果たしており、記憶力に大きな影響を与えています。そのため、DHAを摂ることで、認知症を予防できると考えられています。

DHAは脳に届く成分

海馬に存在するDHAは、年齢と伴に減少することも分かっています。これが認知症の発症原因の1つだと考えられており、DHAを摂ることで認知症を予防できるのです。人の体内に入る成分は、全てが脳に届けられるわけではありません。脳に害のある成分は、一切脳に届けらないようになっています。また、害のない成分でも、脳に届けられないものがあります。DHAは脳に届けられる数少ない成分であり、年齢と伴に減少する海馬のDHAを補うことが可能です。DHAは青魚を食べることで摂取できますが、十分な量のDHAを摂れている方はほとんどいません。1日1g以上の摂取が推奨されており、毎日青魚を食べる必要があります。食事だけでは十分な量を毎日摂ることは難しいため、サプリメントで摂ることをおすすめします。