脳を健康状態に|認知症にならない為の予防や対策

シニア女性

DHAを毎日摂ろう

ガッツポーズの夫婦

認知症を予防できる成分がDHAです。青魚に多く含まれているDHAは、食事だけでは十分に摂ることは難しい面があります。1日1g以上のDHAを摂取するためには、サプリメントで補う必要があります。DHAが配合されたサプリメントを毎日飲み、認知症を予防してみてはいかがでしょうか。

詳細へ

毎日摂りたいDHA

栄養剤

青魚に多く含まれているDHAは、人の脳の海馬に存在していることが分かっています。しかし、海馬に存在するDHAは、年齢と伴に減少してしまいます。食事だけでは十分なDHAを摂ることは難しいため、サプリメントで補うようにしましょう。DHAを毎日十分に摂取することで、認知症を予防できます。

詳細へ

DHAで脳を活性化

夫妻

注目集める青魚の成分

認知症患者数の増加が社会問題化しています。高齢者の増加に伴い認知症患者数は比例して増加しており、介護現場の逼迫や交通事故などの問題が取り上げられています。今後も認知症患者数は増加していくと言われており、多くの方が認知症予防のための方法を知りたいと考えています。認知症の研究は活発に行われていますが、まだ多くのことが不明なままです。しかし、ある成分が認知症予防に大きな効果があると考えられており、医学界もある成分に注目しています。そのある成分とはDHAです。青魚に多く含まれているDHAは、現代の日本人に不足している成分の1つです。食の欧米化により青魚を日常的に食べる方が減少しており、これが認知症患者数の増加に拍車をかけていると考えられています。

計算力と判断力が向上

青魚に多く含まれているDHAは、1989年に脳に大きな影響を与えるのではないかと指摘されました。DHAの権威である博士が日本人の子供のIQが高いのは、魚を食べる習慣があるためと指摘したのです。それ以降DHAと脳の関係に関する研究が進められており、脳にもDHAは存在することが判明しています。記憶を司る海馬にDHAは存在しており、記憶力にDHAは影響を与えていると考えられています。また、実証実験では、認知症の予防にDHAは効果があるとの報告がされています。認知症患者がDHAを半年間摂取し続けたことにより、計算力と判断力が向上したと報告されているのです。年齢とともに海馬に存在するDHAは減少するため、毎日DHAを摂り認知症を予防してみてはいかがでしょうか。

脳に効く健康食品

シニアの女性と男性

認知症予防のサプリメントに用いられている成分が、水素です。水素には活性酸素を除去する作用があり、認知症で生じる脳のダメージを抑えられる可能性があります。認知症は老化現象の一つであり、アプローチの仕方次第である程度予防することも可能です。

詳細へ